ネイリストの給与は安い、しかも長時間勤務でブラック職場が多く離職率が高いと言う方もいますが、実際のところはどうなのでしょうか?
ネイリスト求人をチェックしても、ネイリストの平均年収はよく分かりません。
ここでネイリストの給与事情についてまとめてみましょう。

新人ネイリストは薄給?

ネイリストとしてネイルサロンで正社員として働いた場合、初任給は月収約20万円前後。
ただしそこから税金や厚生年金、国民年金などの掛け金を差し引かれると手取りは約18万円前後になってしまいます。
これだけの給与では、一人暮らしをするのは難しいですね。

親元で暮らしながら(公共料金や家賃を親に負担してもらいながら)ネイルサロンで働く分には十分生活できるかもしれませんが、自活しようと思うと厳しいです。
ただサロン勤務の場合、ネイルサロンを個人で経営するようなリスクがありません。

いきなり独立してネイルサロンを開業しても、しっかりした技術や経験、知名度(固定客)がいない状態では早々にお店を閉めなければなりません。
そのリスクを考えれば、給料を頂きながら勉強させてもらえる事には感謝すべきかもしれません。

ネイリストの平均年収はいくら?

ネイリストの平均年収は一体いくらなのでしょうか?
美容業界の給与は全般的に低いと言われる中、やはりネイリストの平均年収もそれほど高くはなく、約250万円前後が相場になっています。
月収に換算すると約20万円前後になる計算です。

ただしこれは正社員としてネイルサロンや美容室、エステサロンで働いた場合。
アルバイトのネイリストは時給が約1,000円前後とコンビニ店員並みなので、さらに年収は低くなります。

1日8時間で時給1,000円では日給8,000円、1か月に20日勤務しても16万円。
そこから税金や社会保険料を差し引かれると約13~14万円前後となり、この給与で一人暮らしをするのはかなり難しいと言えます。
時給がさらに安くなるともっと厳しいですね。
高給与を得て経済的に豊かな生活をしたいなら他の仕事を選ぶか、または働き方を変える必要がありそうです。

ネイリストが年収アップするには?

ネイリストが年収アップするには、独立して個人サロンをオープンさせる事だと言われています。
すでに十分な技術や知識、経験をもち、さらに多くの固定客がつき、所属するサロンから「辞めないでほしい」と退職を引き止められるレベルであれば、成功する可能性は高いと言えますね。

独立した場合、月収が30万円以上になる方もいれば、月収が限りなく0円という方もいます。
ネイリストの世界は人気商売なのです。
腕が良くても何だかいつも暗い雰囲気のネイリスト、口を開けば人の悪口ばかり言っているネイリスト、顧客へのお小言が多いネイリストなど「癒し」とはかけ離れた接客態度では固定客を獲得する事はできません。

顧客がいないと閉店することになりますので、まずはネイリストの求人でネイルサロンに就職し、技術や知識、接客術をしっかり学ぶこと。
それから独立していくのが無理のない方法です。