プロのネイリストになるには、大きく分けて2つの方法があります。
まずは資格を取得してネイルサロンに就職、または自宅サロンを開業すること。

そしてもう1つはネイルサロンに就職し、下積みをしながら先輩ネイリストの技術や知識を修得する方法です。
プロのネイリストになる条件として「資格取得」は必須ではありません。
本当にネイルの世界が好きなら、資格取得を後回しにしていきなり現場に飛び込む道を選んでも構わないのです。

ただ、ネイリストの求人をチェックすると採用条件に
「スクールで学んでいる方&スクール修了者」
「JNAジェルネイル技能検定試験・中級以上の資格保持者」
「3年以上のサロン経験者」
と、ネイリスト未経験の素人がいきなり仕事をさせてもらえる環境ではない上に、採用枠があまりないのも事実です。

実務経験もない、資格もない、スクールにも通っていない方がいきなり正社員として採用され、現場でバリバリ仕事ができる甘い環境ではないことを良く認識した上で、それでもネイリストの世界に飛び込みたいときはアルバイト、パートからスタートです。

ネイルの資格や実務経験がないケースでも、接客経験がある、ジェルネイルが得意など何かアピールできるものがあれば採用される可能性が高くなります。
ただ採用枠が少ないので、求人情報を見かけた時はすぐに応募する事です。

有資格者は有利に就職できる

ネイリストの求人をチェックすると、有資格者を募集しているサロンがほとんどです。
またネイル系の資格と共に、サロン経験者1年以上(年数は各ネイルサロンにより差があります)、サロンの立地によっては英語や韓国語などが話せるネイリストが有利に就職できるようです。

資格や経験があれば採用されやすいメリットがありますし、正社員として活躍したいなら資格は必須。
「プロのネイリストになるために特別な資格は要らない」というのは事実ですが、やはり有利に就職・転職したいなら資格は取っておいた方が良いのです。

有資格者はネイルサロンに採用されやすいだけではなく、取得した資格に対して別途手当が加算されることも。
給与面でも有資格者は断然有利です。

年齢は不問のサロンが多い

きちんとした資格や技術、経験をもっていれば年齢は不問とするサロンが多いのもネイリスト求人の特徴です。
客層が若いと同年代の若いネイリストが好まれる店舗もありますが、必ずしも若ければいい、というわけではありません。

きちんとした接遇や落ち着き、一般常識をそなえたネイリストが必要とされていますので、20~30代、40代を超えても活躍できるのがネイルの世界です。
年齢が高いからと言って、就職が不利になるわけではないのです。